February « 2012 « marcusevans-finance

Archive for February, 2012

European Tax Summit 2012


Proficient Transfer Pricing in Europe:
Ensuring Comprehensive Documentation 







 

Leslie Van den Branden from De Witte Viselé Associates, a sponsor company at the marcus evans European Tax Summit 2012, on avoiding transfer pricing disputes.


Interview with: Leslie Van den Branden, Partner, De Witte Viselé Associates



FOR IMMEDIATE RELEASE


Business models and documentation must be ready to be handed over to tax authorities, in order to explain why a specific tax model was set up, says Leslie Van den Branden, Partner, De Witte Viselé Associates.


From a sponsor company at the upcoming marcus evans European Tax Summit 2012, taking place in Dublin, Ireland, 26 – 27 March, Van den Branden discusses the transfer pricing environment in Belgium, tax compliance and transparency.  


What is the transfer pricing environment like in Belgium?


Although there are no specific transfer pricing rules for documentation in Belgium, we follow the Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) guidelines and adhere to the arm’s length principle.


Belgium has a central team of ten transfer pricing auditors; however, they now have the green light to extend their team with 20 people. This will show the business community that transfer pricing audits will become more commonplace in Belgium.


How can transfer pricing disputes be avoided?


In Europe we are seeing an evolution towards tax authorities requesting tax payers to demonstrate the economic rationale for transactions. Transfer pricing and tax planning will still be possible but it will become essential to justify yourself based on the economic analysis and rationale of the transaction.


In this respect, Belgium is looking into a broader anti-abuse measure, focusing on economic substance and rationale. Tax authorities will attempt to understand why you came to Belgium and set up your business model as you did. In planning, it will be crucial to demonstrate that beyond tax benefits, economic benefits exist in order to avoid problems and have an economic substance that is well supported and documented.


Why is transparency crucial? 


I strongly recommend being transparent with tax authorities. Business models and documentation must be ready to be handed over to authorities in order to explain the effects and circumstances of why a specific transfer pricing or tax model was set up.


It is important to have good documentation and justify what you have done. It comes down to what the OECD has put forward in business restrictions.


How can one improve transfer pricing compliance?


For larger firms that have often a uniform business model, it would make sense for transfer pricing policy and documentation to be monitored from a central point.


From a tax authority’s perspective, claiming very detailed local specific documentation with respect to economic analyses and benchmarks is not the correct solution. Tax authorities should accept that tax payers apply a unified approach and should accept the economic rationale of a transaction from a group perspective rather than only looking from a local company perspective; otherwise the burden of transfer pricing documentation files will remain immense, especially for large companies.


Beyond transfer pricing, what trends do you see playing out in the near future?


From a European perspective, I see two trends. First, indirect taxation (VAT) will become more significant and in my view there may be initiatives to reduce income taxes and increase consumption taxation.


Secondly, due to the evolution of the world economy and the fight against tax avoidance, tax authorities are placing more importance on the economic rationale of transactions. This might lead to more tax litigation and in any case will lead to the requirement for tax payers to develop and document sound economic-based motivations for their tax planning transactions and structures.



Contact:
Stacey Melvin
Journalist
marcus evans, Summits Division
Tel: + 357 22 849 400
Email:
press@marcusevanscy.com



About the European Tax Summit 2012


This unique forum will take place at The Four Seasons, Dublin, Ireland, 26 – 27 March 2012. Offering much more than any conference, exhibition or trade show, this exclusive meeting will bring together esteemed industry thought leaders and solution providers to a highly focused and interactive networking event. The Summit includes visionary presentations and interactive forums on substantial fiscal deficits, minimising tax gaps and developing transfer pricing strategies.


For more information please send an email to info@marcusevanscy.com or visit the event website at www.taxsummit.com 


marcus evans group – finance/insurance sector portal


The Finance Network – marcus evans Summits group delivers peer-to-peer information on strategic matters, professional trends and breakthrough innovations.












 

 

 


Please note that the Summit is a closed business event and the number of participants strictly limited.


About De Witte Viselé Associates


De Witte Viselé Associates is an independent accounting and tax firm based in Belgium that is specialized in international taxation and transfer pricing. Our professionals are all experts with many years of experience, focusing on proposing pragmatic and robust solutions to our clients.


www.dwva.be


About marcus evans Summits
 
marcus evans Summits are high level business forums for the world’s leading decision-makers to meet, learn and discuss strategies and solutions. Held at exclusive locations around the world, these events provide attendees with a unique opportunity to individually tailor their schedules of keynote presentations, think tanks, seminars and one-to-one business meetings. For more information, please visit www.marcusevans.com



All rights reserved. The above content may be republished or reproduced. Kindly inform us by sending an email to press@marcusevanscy.com

CFO Japan Summit 2011 (Japanese Version)

CFO Japan Summit 2011 (Japanese Version)


CFO Japanサミット2010 スポンサービデオ



詳細情報はsummit-info@marcusevans.comまでお問い合わせ下さい。

CFO Japan Summit 2011 (Japanese Version)

日本GE株式会社: タレント開発







 

 


今回はマーカスエバンズ主催CFO Japanサミット2011にてご登壇頂く、日本GE株式会社代表取締役 GEキャピタル社長兼CEOを務める安渕聖司氏に、タレント開発について伺いました。


インタビュー : 安渕聖司氏・日本GE株式会社代表取締役 GEキャピタル社長兼CEO



 


即日発表


「CFOという職業を、『企業をリードするリーダーの一人』と再定義する必要があると思います。」と語るのは日本GE株式会社にて代表取締役およびGEキャピタル社長兼CEOを勤める安渕聖司氏。「ファイナンスやアカウンティングの統括だけでなく、企業の意思決定、例えば新製品開発や新規事業立ち上げ、人材トレーニングや採用について、色々な数字・分析から、CFOとしての意見を持ち、CEO の一番重要なビジネスパートナーとして、目標達成のサポートをしていく事が重要です。」と、同氏は続けます。今回は、マーカスエバンズが幕張で開催するCFO Japanサミット2011にてご講演いただく安渕聖司氏に、タレント開発について伺いました。


タレント開発でご注力されていることは? 


私どもGEの人材育成施策のひとつとして「リーダーシッププログラム」があります。これは、ファイナンス、HR、セールス・マーケティングなどさまざまな分野において、比較的短期間に個々の人材の可能性、特性を引き出し、伸ばして育成するというプログラムです。その中で、財務・経理分野のキャリアのエントリープログラムをFMP (Financial Management Program)と呼んでいます。一定の期間ごとに、会計、経営企画・財務分析などの業務をローテーションし、成長を促します。


特徴としては、(1) 4つの違った業務のローテーションを通じてファイナンス業務やリーダーシップを学ぶとともに、各自の強味や特性についてフィードバック、評価を受ける、(2) 本人がより高いところを目指して仕事をしていけるよう、自分の現状の能力よりも高い力を求められる(ストレッチ)アサインメントを与える、(3)OJTに加え、ファイナンスやビジネス戦略の基礎、またリーダーシップについてなどのクラスルームトレーニング、(4) ラウンドテーブルミーティングなどを通して、シニアリーダーとの関係構築、などがあります。二年間のプログラムを通じ、将来のファイナンスリーダーを担う人材を育成していきます。


また、100年の歴史を持つCAS (Corporate Audit Staff)というプログラムがあり、世界で約400名が所属し、全世界のGEビジネスにて主に会計の監査業務に従事しています。主には、FMPの卒業者および、一定のファイナンス業務経験があり、将来のリーダーとしてのポテンシャルのある中途入社者が参加しています。二年間で、6つの異なった事業部門を異なった場所(国内外)で経験しますので、グローバルな視点で物事を見ることが可能となります。このようなリーダーシッププログラムを通じて、将来のCFOあるいはCEOなどのビジネスリーダーを、キャリアの早い段階から体系的に育成しているのがGEの人材開発の特長と言えます。


CFOへアドバイスをお願いします。 


ビジネスの大きなゴールに向かって積極的に経営に参画するCFOの姿を作っていただきたいです。それを前提に、専門性を活かしつつ、広く事業に参画できる若い世代を自分の後継者としてしっかり育てていくこと。特にこれからグローバルな人材・経営が必要とされてきますので、グローバル視点を持った後継者を育て、グローバル展開をしていくことが重要と思います。




お問い合わせ:
二場 悠里
サミット部門 マーケティングマネージャー
マーカスエバンズ
電話: +81-3-5823-0688
メール:
yurif@marcusevansjp.com



CFO Japanサミット2011について


本サミットは、2011年11月9-11日に幕張のホテルニューオータニ幕張にて開催致します。構成において他のイベントと一戦を画す本サミットでは、各産業の第一人者、厳選されたプロバイダー企業が一同に会し、洗練されたネットワークの構築の場を 提供致します。日本・経済アウトルックや金融規制改革動向、投資家視点でのIFRS等をご講演にてお話し頂きます。


詳細情報のお問い合わせはinfo@marcusevanscy.comまたはwww.cfojapansummit.comをご覧下さい。


marcus evans group – finance/insurance sector portal


マーカスエバンズサミットグループ・ファイナンスネットワーク:マーカスエバンズでは、業界最新情報や財務リーダーが現在抱える課題への解決策、業界第一線でご活躍中の皆様のインタビュー記事など、ソーシャルメディアを通じて配信しております。











ご参加枠には制限がございますので、ご注意下さい。


マーカスエバンズサミットについて


マーカスエバンズサミットは各業界のシニアマネジメント層向けのビジネス会議です。マーケットリーダーによる講演やプロバイダー企業とのone-to-one meetingsを通して既存課題の解決策模索や今後の戦略策定など、情報の交換・収集をして頂けます。詳細情報はwww.marcusevans.comをご覧下さい。


All rights reserved.
お気付きの点がございましたら
press@marcusevanscy.comまでご連絡下さい。



 

CFO Japan Summit 2011 (Japanese Version)

CFOジャパンサミット2011にご興味頂きまして、誠にありがとうございます。


弊担当者より早急にご連絡させて頂きます。


二場悠里
マーケティングマネージャー
メール:
summit-info@marcusevans.com


 

CFO Japan Summit 2011 (Japanese Version)


議長: 青山学院大学大学院 
国際マネジメント研究科教授 小林 孝雄 


講演者
トビアス・シュローデル、
国際ITセキュリティ専門家&情報エンターテイナー
パナソニック株式会社 経理大学学長(元代表取締役副社長・CFO) 川上 徹也
住友商事株式会社 
特別顧問、IFRS財団評議員、IFRS対応会議 国際対応委員会委員長 島崎 憲明
日本GE株式会社 
代表取締役、GEキャピタル 社長兼CEO 安渕 聖司
富士火災海上保険株式会社 
代表執行役兼CEO 近藤 章
日本たばこ産業株式会社 
副社長 新貝 康司
日清食品ホールディングス株式会社 
取締役・CFOグループ財務責任者 横山 之雄
レノボジャパン 
管理・財務担当取締役 池側 千絵
住友スリーエム株式会社 
取締役財務、情報システム及び総務担当 昆 政彦
武田薬品工業株式会社 
コーポレートオフィサー 経理部長 高原 宏
元日本銀行 
金融機構局審議役、バーゼル委員会日本銀行代表メンバー 神津 多可思
日産自動車株式会社 
グローバル資産管理部部長 向 正憲
大和住銀投信投資顧問株式会社 
シニア・ファンド・マネージャー 窪田 真之
みずほ総合研究所株式会社 
副理事長 杉浦 哲郎
バークレイズ・キャピタル証券株式会社 
チーフエコノミスト 森田 京平
クレディスイス証券株式会社 
チーフエコノミスト 白川 浩道

CFO Japan Summit 2011 (Japanese Version)

東京共同会計事務所: CFOに求められるファーム選定







 

今回はマーカスエバンズ主催CFO Japanサミット2011にプロバイダー企業としてご参加頂く、東京共同会計事務所にて代表パートナーを務める内山隆太郎氏に、CFOに求められるファーム選定について伺いました。


インタビュー : 内山隆太郎氏・代表パートナー・東京共同会計事務所


 


即日発表


「物事を建設的に考えられる、ビジネスに精通したアドバイザーを見つけることが大切。」と語るのは東京共同会計事務所、代表パートナーの内山隆太郎氏。「ベストなサービスは必ずしも大手の中にあるとは限らない。頭脳を駆使してお客さんのニーズをピンポイントで突いたサービスを建設的に組み立てられるファームを選定していただきたいです。」と、同氏は続けます。今回は、マーカスエバンズが幕張で開催するCFO Japanサミット2011にプロバイダー企業としてご参加頂く内山氏にCFOに求められるファーム選定について伺いました。


震災後に変わったことは?


クライアントのリスクマネジメント系の関心が上がったという印象です。対象とされるリスクは物理的なもののみならず、例えばサプライチェーンが壊れたことに起因する得べかりし利益といったものも含めてです。われわれ事務所では、震災で生じたロスを、海外の保険会社にリクレームする事業にも着手しており、単なる関心事としてだけでなく、現実のビジネスとしても仕事の機会が増えているとういう印象です。


業務で心がけていることは?


リーマンショックあたりから仕事の難易度が年々上がっているという認識は持っております。現在は、企業戦略に沿ったもの以外は仕事にならなくなっています。ですので、まずは戦略にくっついていくこと。次に頭だけを使うのではなく、ネットワークを駆使したり、体も同時に動かして、プロアクティブに提言していかねばなりません。


CFOの方々にアドバイスをお願いします。


サービスも、コストパフォーマンスへの目が厳しくなっているのが今の時代だと思うんです。ビジネスに精通したアドバイザーを見つけることが大切。うちの業界ですと、非常に巨大な4企業がありまして、どうしても常にその4社と対比をされます。物事を建設的に考えられる、ベストなサービスは必ずしも大手の中にあるとは限らない。特にアイデアの部分って言うのは、体力が大きいかどうかじゃなくて、最終的には担当する個人の物事に対する興味の広さや考え方の柔軟性、論理展開力によるものです。CFOの方々には、そのあたりを冷徹に評価していただいて、頭脳を駆使してお客さんのニーズをピンポイントで突いたサービスを建設的に組み立てられるファームを選定していただきたいと思います。



お問い合わせ:
二場 悠里
サミット部門 マーケティングマネージャー
マーカスエバンズ
電話: +81-3-5823-0688
メール:
yurif@marcusevansjp.com



CFO Japanサミット2011について


本サミットは、2011年11月9-11日に幕張のホテルニューオータニ幕張にて開催致します。構成において他のイベントと一戦を画す本サミットでは、各産業の第一人者、厳選されたプロバイダー企業が一同に会し、洗練されたネットワークの構築の場を 提供致します。日本・経済アウトルックや金融規制改革動向、投資家視点でのIFRS等をご講演にてお話し頂きます。


詳細情報のお問い合わせはinfo@marcusevanscy.comまたはwww.cfojapansummit.comをご覧下さい。


marcus evans group – finance/insurance sector portal


マーカスエバンズサミットグループ・ファイナンスネットワーク:マーカスエバンズでは、業界最新情報や財務リーダーが現在抱える課題への解決策、業界第一線でご活躍中の皆様のインタビュー記事など、ソーシャルメディアを通じて配信しております。








 


 


ご参加枠には制限がございますので、ご注意下さい。



マーカスエバンズサミットについて


マーカスエバンズサミットは各業界のシニアマネジメント層向けのビジネス会議です。マーケットリーダーによるご講演やプロバイダー企業とのone-to-one meetingsを通して既存課題の解決策模索や今後の戦略策定など、情報の交換・収集をして頂けます。詳細情報はwww.marcusevans.comをご覧下さい。



All rights reserved.
お気付きの点がございましたら
press@marcusevanscy.comまでご連絡下さい。


 


 

CFO Japan Summit 2011 (Japanese Version)

マーカスエバンズ主催CFO Japanサミット2011にご興味頂きまして、誠にありがとうございます。


事前のご登録につきましては、弊社担当者よりご連絡差し上げます。


会場でお会い出来ますの楽しみにしております。


 


二場 悠里
マーケティングマネージャー
 
 

CFO Japan Summit 2011 (Japanese Version)

議長: 青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科教授 小林 孝雄


講演者:
トビアス・シュローデル、
国際ITセキュリティ専門家&情報エンターテイナー


パナソニック株式会社 経理大学学長(元代表取締役副社長・CFO) 川上 徹也


住友商事株式会社 特別顧問IFRS財団評議員、IFRS対応会議 国際対応委員会委員長 島崎 憲明


日本GE株式会社 代表取締役、GEキャピタル 社長兼CEO 安渕 聖司


富士火災海上保険株式会社 代表執行役兼CEO 近藤 章


日本たばこ産業株式会社 副社長 新貝 康司


日清食品ホールディングス株式会社 取締役・CFOグループ財務責任者 横山 之雄


レノボジャパン 管理・財務担当取締役 池側 千絵


住友スリーエム株式会社 取締役財務、情報システム及び総務担当 昆 政彦


武田薬品工業株式会社 コーポレートオフィサー 経理部長 高原 宏


元日本銀行 金融機構局審議役、バーゼル委員会日本銀行代表メンバー 神津 多可思


日産自動車株式会社 グローバル資産管理部部長 向 正憲


大和住銀投信投資顧問株式会社 シニア・ファンド・マネージャー 窪田 真之


みずほ総合研究所株式会社 副理事長 杉浦 哲郎


バークレイズ・キャピタル証券株式会社 チーフエコノミスト 森田 京平


クレディスイス証券株式会社 チーフエコノミスト 白川 浩道


 


 

CFO Japan Summit 2011 (Japanese Version)

パナソニック株式会社:  CFOと企業変革







 

今回はマーカスエバンズ主催CFO Japanサミット2011にてご登壇頂く、パナソニック株式会社、元代表取締役副社長・CFO、現経理大学学長を務める川上徹也氏に、CFOと企業変革について伺いました。


インタビュー : 川上徹也氏・経理大学学長・パナソニック株式会社


 


即日発表


2001年から6年間続いた中村社長(現パナソニック株式会社 会長)の改革をCFOという立場から最初から最後まで支えてきた川上氏。伝統ある事業部制の解体や不採算事業からの撤退を断行し、また経理の仕組みを抜本的に見直し、業績評価指標も変えてきました。
今回は、マーカスエバンズが幕張で開催する
CFO Japanサミット2011にご講演者としてご参加頂く、パナソニック株式会社、元代表取締役副社長・CFO、現在は改革の体験を風化させないための社員教育に身を捧げている川上氏に、CFOと企業変革について伺いました。


現在のCFOに求められていることは?


リーマンショック以降 cash is king という価値観が重視されてきています。経営とは 将来のキャッシュフローを生む事業を創ることを定義され、ビジネスモデルのあり方を軸に経営改革の常態化が定着しています。
P/Lからは改善は出来ても、改革はB/Sからしか生まれて来ない。グローバルを視点に B/S中心の経営にシフトさせていく事が必要です。そうした背景の中でCFOの見識が問われている時代です。


企業変革に必要なことは?


企業変革において一番大切なことは、経営理念という変わらざる原点を忘れぬことです。時代の中で、すべては「日に新た」に作り変えられなければならないですが、その中でも、「トップのビジョンと方針」、「従業員の危機感とミッション」、「経営のしくみの抜本的改革」の3点が揃うことが大切です。


人材育成で苦心されていることは?


グローバルという視点での人材育成は各社とも大変苦労しておられます。人づくりの基本は個人の自己啓発と職場の上司のOJTに尽き、さらに、これに加えて ジョブローテーションの3つが大切です。教育の原点は「啐啄同時」禅語ですが、雛が卵から産まれ出ようとするとき中から殻を突いて音を立てる、親鳥が外からついばんで破る、これが同時に行なわれることが大事です。また、女性戦略化や組織とIT戦略、OBの活用も重要です。


お問い合わせ:
二場 悠里
サミット部門 マーケティングマネージャー
マーカスエバンズ
電話: +81-3-5823-0688
メール:
yurif@marcusevansjp.com



CFO Japanサミット2011について


本サミットは、2011年11月9-11日に幕張のホテルニューオータニ幕張にて開催致します。構成において他のイベントと一戦を画す本サミットでは、各産業の第一人者、厳選されたプロバイダー企業が一同に会し、洗練されたネットワークの構築の場を 提供致します。日本・経済アウトルックや金融規制改革動向、投資家視点でのIFRS等をご講演にてお話し頂きます。


詳細情報のお問い合わせはinfo@marcusevanscy.comまたはwww.cfojapansummit.comをご覧下さい。


marcus evans group – finance/insurance sector portal


マーカスエバンズサミットグループ・ファイナンスネットワーク:マーカスエバンズでは、業界最新情報や財務リーダーが現在抱える課題への解決策、業界第一線でご活躍中の皆様のインタビュー記事など、ソーシャルメディアを通じて配信しております。











ご参加枠には制限がございますので、ご注意下さい。


マーカスエバンズサミットについて


マーカスエバンズサミットは各業界のシニアマネジメント層向けのビジネス会議です。マーケットリーダーによる講演やプロバイダー企業とのone-to-one meetingsを通して既存課題の解決策模索や今後の戦略策定など、情報の交換・収集をして頂けます。詳細情報はwww.marcusevans.comをご覧下さい。


All rights reserved.
お気付きの点がございましたら
press@marcusevanscy.comまでご連絡下さい。